こだわりの刷毛(ハケ)

2015年05月02日(土)
未分類

ZELE中延・戸越銀座では
パーマ・カラー・トリートメントを合わせて9種類のハケ・コームを使い分けています。

ファイル 423-1.jpg

1、トリートメント

お客様の髪の長さに適したトリートメントを12ブロック程度に分け、丁寧に塗布していきます。


2、パーマ前処理

パーマ・カラーで毛先が損傷している部分の保護をし、ダメージを軽減します。


3、コールドパーマ

パーマを作用させたいところのみに 薬液を塗布できるよう、小いハケで丁寧に付けていきます。


4、5、デジタルスイートカール・縮毛矯正 1液用/2液用


6、アシッドカラー(ヘアマニキュア)

ヘアマニキュアは頭皮につかないように塗布するので目の細かいコームを使って5ミリのスライス幅で塗布します。


7、グレイカラー

グレイカラーのお客様は早い周期の方で3週間ほどで来店されます。
ダメージを最大限少なくするため、伸びている根元だけを塗布できるよう、一番小さく、細い刷毛を使って5ミリのスライス幅で丁寧に塗ります。


8、ファッションカラー

グレイカラーとの一番の違いは頭皮の根元に薬液を溜めないで塗ることです。
そうすることにより根元だけが体温で明るくなってしまうのを防ぎます。
そのため、横幅はありますが厚みが少ないハケを使用します。


9、ヘナ

元々はインドで肌に描くアート材料として使用されてきました。
髪を染めるだけでなく髪のトリートメント効果、また、殺菌効果もあるので治療などにも使われてきたそうです。
たっぷりと根元から塗布出来るよう、大きいハケを使用します。

これだけ多くのハケの種類を使い分けている美容室は、なかなか見つからないと思いますよ。
それだけ私たちは、こだわりを持って仕事道具を選別して使用しています!


後日記載いたしますが、パーマやカラーの薬液などのこだわりは勿論、使用する道具も用途や薬液によって使い分けています。

また、薬液選定や技術テクニックも、お客様にご満足いただけるよう、アシスタント時代から基礎をしっかりと勉強しております。
何気なく施術されている間、是非、私たちのこだわりの仕事道具、じーーーっと観察してみてください!